フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「旅」の記事

2017年11月23日 (木)

伊豆ならんだの里

カッパ寺、涅槃仏に続き河津散歩の第三弾です。

河津の南禅寺(なぜんじと読みます)にある
「伊豆ならんだの里河津平安の仏像展示館」へ
行ってきました。
171123a_2
171123b_2


171123c




171123d




前から仏像に興味はあったけれど何をどう見たら
いいのかぜんぜんわかりませんでした。
今年の9月に山形の慈恩寺へ観光バスツアーで
行きました。短い時間でしたがそのお寺の仏像が
素晴らしく、また案内の方のお話がすごく良く
わかって私に一気に仏像ブーム来ました(笑)

2017年10月26日 (木)

日光バスツアー(4)

171026a





陽明門前はスゴイ人!でした。
171026b






Bana1_2 

2017年10月24日 (火)

日光バスツアー(3)

171024a





大きな器
171024b


中身は・・・
171024c






Bana1_2 

2017年10月23日 (月)

日光バスツアー(2)

171023a_2



171023b




霧降の滝(M子さん撮影)
171023c


Bana1_2   

2017年10月22日 (日)

日光バスツアー(1)

171022a





171022b

2017年9月18日 (月)

河津散歩(5)

170918a



170918b


大噴湯公園のことは前に描いています。
良かったら読んで下さい。→こちら


170918c


170918d

2017年9月14日 (木)

河津散歩(3)

170914c



「河津桜原木物語」


昭和30年頃の2月のある日 この家の主人であった
飯田勝美氏が、河津川沿いの冬枯れの雑草での中で
芽吹いていた約1メートルくらいに育った桜の若木を
偶然見つけて庭先に植えたのが始まりでした。


約10年後の昭和41年1月下旬やっと花が咲き
始めました。同年4月 主の勝美氏は花が咲くのを
見届けて永眠しました。その後きれいに咲く桜を見て譲って
ほしいという話もありましたが、思い出の桜のため
手放さなかったそうです。


当時、この家の屋号からこの桜は「小峰桜」と呼ばれ
親しまれていました。その後の調査で新種の桜とわかり、
河津で生まれた桜であることから「河津桜」と命名され
昭和50年4月に河津町の木に指定されました。


そして、今もそのままの場所にあります。


170914a



170914b
※御朱印の「書き置き」とは直接ご朱印帳に書いて
もらうのではなく、既に書いて置いてあり別紙で頂くことです。

2017年9月13日 (水)

河津散歩(2)

170913a_2

2017年9月12日 (火)

河津散歩(1)

170912a





170912b

2017年7月19日 (水)

磐越西線(番外)

170719a





帰ってから調べると「海苔のりべん」は何度も駅弁ランキング上位に
はいる有名駅弁らしいです。東京駅の「祭」でも買えるそうですよ。


170719d




170719b_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー